動画素材をスマホで活用する方法

動画素材をスマートフォンで活用したいのであれば、まずはスマートフォンに格納されている動画を再生することができるアプリをダウンロードすることが良いでしょう。ただし、デフォルトのアプリで対応されている動画素材の拡張子はMP4などの一般的なものしか対応していないので、コーデックが豊富に格納されているVLCメディアプレイヤーを導入して対応しましょう。VLCはWindowsやmacだけでなくLinuxなど幅広いOSをサポートしており、なおかつオープンソース化されているので、非常に安全性は高いです。無料であるにもかかわらず、広告も表示されていないので楽しく動画素材を使用することができます。

再生ソフトをインストールした後はスマートフォンで動画素材を加工するアプリをインストールしましょう。その中でもaviutlがおすすめできます。aviutlはWindowsの無料のソフトウェアですが、非常に直感的に動画を加工することが可能です。動画のサイズをスマートフォンで見ることができるように加工することも可能ですし、任意の場所でカットしたり、合成することも簡単にできます。対応している拡張子は幅広く、ドラッグアンドドロップで動画素材を追加して編集することも容易なので、操作さえ覚えてしまえば誰でも簡単に利用できるのです。ほとんど不具合がなく、パソコンの性能が高ければ、より高度な動画素材の編集も可能になります。YouTubeに掲載されているような、字幕を挿入したり、特殊な演出を発生させることもこのソフトウェアであれば容易になります。さらに、編集が完成した動画は自動的にエンコードしてくれるので、動画のファイルサイズがちょうどよくなり、スマートフォンの少ない内部ストレージを圧迫する心配はありません。先程紹介したVLCのアプリを活用することで何時でも再生できる点が良いでしょう。以上のアプリを活用することで、動画素材をスマートフォンで活用できます。

動画素材を活用しやすい初心者向けのソフトの色々

動画素材を活用しやすい初心者向けのソフトの代表作はムービーメーカーです。これは機能的にはかなり絞り込まれているのです、初心者向けというよりは写真者しか使えないといっても良いかもしれません。ですから、動画作成ソフトの超入門版というような形で入ると良いかもしれません。それだけに簡単に動画を作るという意味では圧倒的に簡単に作ることが出来るので、初めての方でもまず簡単に操作することが出来るでしょう。極めてコマンドが少ないですから、出来る事は限られてはいるものの、動画の切り貼りや、コメントの挿入、字幕の追加、音楽の挿入など基本的な事は出来るので、まずこれで動画作成のイロハを学ぶという事をするにはよいソフトです。無料でネットからダウンロードして使う事が出来るので、費用がかからないというのも嬉しいところです。

次にはAVIUTLという動画編集ソフトがあります。これはプロでも使えるといっても良いぐらいの多機能な編集ソフトでまずこれで出来ない事は無いといっても良いぐらいに何でも出来るソフトになっています。動画の合成や切り貼りやコメントなどの挿入は当然として、パーティクルというような粒子を発生させて、それを様々な計算によって変化させていく事で、雨が降っている状態や、炎が燃えているというような状態を再現するというような事も出来るようにもなっています。プラグインという拡張機能を利用すれば、さまざまな事が出来るようになるという事もあって、多機能であるにも関わらず、フリーソフトで使えてしまうというところがこのソフトの凄い所です。フリーソフトで動画編集をしているという人があれば、ほぼこの編集ソフトを使用しているのではないかとも思われます。

後はNiVE2とフリーのモーショングラフィックスソフトがあるのですが、これは用途がかなり複雑で出来る事は様々にあるのですが、使い方が難しいということがあるので、挑戦したいという人はやってみると面白いかもしれません。